貸金業者の都道府県別貸付残高について

貸金業者は都道府県別ではっきりとその差が出るような利用状況ですが、貸金業者の借入残高が

多い件というのは圧倒的に東京であり、その額はおおよそ1380億円(平成27年3月調査時点)であるといわれています。

2位の神奈川県が600億円と大きな差があることから、人口が集中している首都ではいかに多いのかということがうかがえます。

愛知県や大阪のような都市圏もかなり多いですが、北海道も実は3位に位置づけており経済的に立ち行かないようなケースや

雪国における特殊な費用なども考えると、お金がなにぶんかかるケースも多いのでしょう。

ただ、ほとんどのところでは100億円を下回る中で、東京都は突出して高いというのは明らかです。